アパート売却、アパート査定の日本AMサービス

アパート売却,アパート査定・評価,アパート運用

レインズは本当に使えないのか?

レインズは本当に使えないのか?

何故か今でも営業トークに使用される

「レインズに登録されている物件は駄目ですよ・・・」

皆様の中にもこうした事を耳にした事がある方も多いと思います。

これは本当なのか嘘なのか判断する事は難しいですが、
物件を売却するのであれば、レインズに登録されていた方が情報は間違いなく広がります。

以前に「レインズに掲載されると値段が安くなる」

「レインズに掲載すると急いで売っていると思われ叩かれる」
などと言われる方がいらっしゃいました。

実は私はそんな事ないと思います。
私も数百棟の収益物件の売却に携わりましたが、

レインズ等に登録がなくても、買手の思惑、業者の思惑で、金額の戦いはあります。

それはレインズに掲載しても同様です。

どうもこうした言葉を言う方は、何かしら個人的な恣意が入っていると思います。

結果的に多くの方の目に留まり、しっかりとした売却の方針を持っていれば、市場の中で最高の価格で売却できる事は実現します。
極論を言うと売らなければ良い話です。

上場有価証券等と同等に公正な売買というのは不動産においては難しいと思いますが、

どう考えても高値で売却を希望するのであれば、情報は多くの方の目に留まる方が可能性は高いです。

レインズに掲載されていない物件の多くが結果的に転売用の価格でしか売却できない、業者さんが売手をはぐらかすような事が多く見受けられます。

皆さんも売却する際はしっかりとした方針を持つか、信頼できる業者さんに依頼をして下さい。

重要な事は適正な価格、売却の方針を持ち広く買主を探す事です。

コメント


認証コード2890

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional